レトルトのスープカレー(チキン・ポーク)をお届け!~スープカレーの歴史について~

スープカレーの登場と変遷

スープカレーの登場と変遷

1970年ごろ、日本初のスープカレーが北海道札幌市の喫茶店で提供されたと言われています。

中国や朝鮮発祥の薬膳スープやインド南部・南アジアや東南アジアの汁気の多いカレーのようなスパイス料理からインスパイアされたという説があります。

その後、札幌市を中心に店舗数が増えていき、2002年には同市に200店を超えるスープカレー店が営業するという大流行を巻き起こしました。

現在でもその流行は続いており、札幌市だけではなく全国区で多くの店舗がスープカレーを販売しています。

提供され始めた当初のスープカレーは具なしのシンプルなものでしたが、次第にごろごろした大きなチキンや野菜が入ったものが一般的となりました。

現在はチキンだけではなく、豚角煮・ラムチョップ・シーフードが入っているもの、野菜もオクラやピーマンやカボチャなど様々な具材が入っているスープカレーを楽しむことができます。

また辛さが選べるお店もあります。登場から時を経て、現在は様々なタイプのスープカレーを楽しめるようになりました。

レトルトのスープカレーでしたら【ブルーオーブ】~「スープカレー カムイ」のチキンスープカレー・ポークスープカレーをご家庭で~

レトルトのスープカレーでしたら【ブルーオーブ】~「スープカレー カムイ」のチキンスープカレー・ポークスープカレーをご家庭で~

手軽に食べられるレトルトのスープカレーでしたら、【ブルーオーブ】でお買い求めください。秋葉原の名店「スープカレー カムイ」の味をご家庭でお召し上がりいただけます。

「スープカレー カムイ」のカレーは、スパイスの効いた南インドカレーをベースにしているサラサラとしたカレーです。

【ブルーオーブ】では、「スープカレー カムイ」で人気が高いチキンスープカレーとポークスープカレーをご用意しています。

ナス・トマト・ブロッコリーなどお好みの野菜を素揚げしてトッピングしていただければ、より本格的なスープカレーを楽しめます。

「秋葉原名店の味を食べてみたい!」「おいしいレトルトカレーを探している」「スープカレーが気になる」という方は、ぜひ【ブルーオーブ】のレトルトスープカレーをお試しください。

スープカレーのレトルトの通販なら【ブルーオーブ】をご利用ください

会社名 株式会社ブルーオーブ blueOrb inc.
住所 〒440-0858 愛知県豊橋市つつじが丘2丁目28-25
TEL 0532-43-6815
資本金 300万円
設立 2017年7月3日
従業員数 7名(2017年10月現在)
役員(取締役) 代表取締役 社長 大平 浩史
取締役 副社長 大平 晶子
URL http://blueorb.jp/